感動するPTA会長挨拶

PTA会長の挨拶、面倒だなあって感じていませんか?
毎回毎回、挨拶の内容を考えるのも疲れますよね。
前と同じ内容って訳にもいきませんし。

時には、感動するようなPTA会長挨拶をしてみたいものです。
ああ、PTA会長のお話しを聞いて良かったなあ。なんて思われたら話す側として気持ちが良いですよね。

でも、どんな話しでみんなを感動させることができるのでしょうか。
そして感動させるのは、子供にでしょうか、父兄の方々にでしょうか。

ところで、PTAとは何なのでしょうか?
英語の頭文字を並べたものだということは容易に想像できます。
PはPerents、つまりはお父さん、お母さんのことです。
TはTeachers、そう先生のことです。
AはAssociation、集まりとか仲間という意味です。
そう、子供達を取り巻く周りの方々のことを指しているのです。
そのPTAの会長ということは、父兄、先生、周りのみんなの代表という立場にいるということになります。
何だかすごく大きな立場にいると感じますよね。

さて、感動するPTA会長挨拶の参考になるネタを少々。

「ダイヤモンドを磨くのはダイヤモンドでしかない。そして人の磨くのも人だけです。」

ダイヤモンドは地球上で一番固い鉱石です。
ダイヤモンドはカットし削らなければあの美しい輝きを出すことができません。
地球上で一番固いものですからダイヤモンド以外では削ることができないのです。
そして人も同じ。
人を磨くのは人でしかできないのです。
それはお父さん、お母さん。
そして先生。
さらには周りの人々。
いろいろな人の影響を受けて人は磨かれていくのです。
そして子供たちを磨くお父さんお母さんも磨かれていくのです。

作られた感動させようとする話しにはどこか違和感を感じ、なかなか感動できないものです。
まずは自分が聞いて心打たれるものでなければ他の人に感じてはもらえないでしょう。

スポンサードリンク

PTA懇親会での会長挨拶

PTA会長になり、みんなの前で初めての挨拶。
緊張するに決まっています。
事前に家で何度も練習をして挑んだのに大勢の父兄の前に出た途端に緊張してしまい練習した挨拶の内容が吹っ飛んでしまい1分間もの沈黙。
周りがざわついてくれればまだいいのですが、みなさん静かに待っていると余計に緊張し頭がパンク。
無理に挨拶の内容を暗記しようと頑張ると逆効果。
挨拶内容を覚えてしまっていてもお守り代わりに挨拶のメモを持っているとそれだけで安心でき緊張が緩和されるようです。

PTA会長の挨拶で気を付けなければならないのは、「PTA会長だからって別に偉いわけではないよ」って感じが伝わるような話しにすることです。
人によっては偉そうな話し方を嫌うものです。

さて、今回は懇談会でのPTA会長挨拶についてです。
懇談会。
PTAのみんなが打ち解けるのを目的としてざっくばらんに話し合うために設けられた会合のことです。
みんなと仲良くなるための会合の挨拶ですので、堅苦しい挨拶でないほうがいいのかもしれません。
自分のことをわかってもらうために自分のことを話してもいいかもしれません。

PTA会長の挨拶はこんな感じのものを参考にしてみてください。

今年度のPTA会長を勤めます○○ともうします。
子供は○年○組でお世話になっています。
本日は先生方、新役員の皆さんとの初めての対面と懇親の席ということで企画をしました。
お忙しいところをたくさんの方々に参加いただきありがとうございました。
PTA役員は全くの未経験なことなのでみなさんにいろいろと聞いたりとご迷惑をかけることになると思いますが一生懸命頑張らさせてもらいます。

長い挨拶を期待しているわけではないと思いますので簡素な挨拶でも大丈夫だと思います。
まだ慣れないPT会長挨拶ですので自信を付けるためにも短い挨拶でも失敗なく話し終わりたいものです。

スポンサードリンク

小学校清掃作業 PTA会長 挨拶

小学校の清掃作業はいろいろな意味を含みます。
地球環境のこと、資源を回収すること、地域の人たちとの関わり。
最近の小学生は親の手伝いをしているのでしょうか。
やっている子どもは自分から進んで行っているでしょうか。
うちの子どもは残念ながら手伝いを行うことを考えもしないようです。
こちらから手伝いをするようにいうといやいや行う始末。
いやいや行う手伝いは手伝う内容も雑ですしやらせる意味も薄くなってしまいます。
どうして手伝いをさせるのかをしっかりと話さなければならないと思っています。
小学校の清掃作業も子どもたちがいやいや行っているのでは効果は少ないでしょう。
自分から進んで行えるように保護者たちも知恵を絞る必要があるかもしれません。
PTA会長の挨拶ではそういうことを保護者たちにわからせる内容がいいかもしれません。
どうして小学校で清掃作業をさせるのか。
PTA会長の話しを保護者たちはどう聞いているかわかりませんが、すべての保護者でなくてもいいです、一部の保護者の心に一石を投じることができればいいと思います。

清掃作業をするということは気持ちが良いものです。
小学校に限ったことではありません。
企業でも業績の良い企業は清掃もちゃんと行われています。
それがとても重要だとわかっているからです。
大人になっても清掃作業は大事だということを子どもたちにどう伝えるか、難しいところではあります。
そのヒントをPTA会長の挨拶からもらえればいい挨拶だったと思ってくれることでしょう。

スポンサードリンク