PTA臨時総会挨拶

PTAの臨時総会でもPTA会長の挨拶は行われます。
PTAの臨時総会が行われる場合、何か通常とは違うことが話し合われます。

PTA会長はこんな仕事をします。

総会や運営委員会を開きます。
運営委員会や会員に提案、提出する資料などを作ります。
会員に配る手紙、資料などを確認します。
PTAのお金の出入りを確認します。
PTAを代表して学校行事などに出席します。

一番の仕事はPTA会長の挨拶でしょうか。

総会などの司会は副委員長にお任せしますし、会計の管理は会計さんが行います。
PTA会長は資料や会計などの確認が主な仕事ですので、PTAの顔としてのPTA会長の挨拶は重要な位置を占めています。
行事の度にPTA会長の挨拶をさせられます。

臨時総会というくらいなので臨時だからPTA会長の挨拶はいらないだろうと思ってがどうもそういうものではないらしい。
どんなときにもPTA会長の挨拶は行われるのだそうな。

臨時総会の挨拶ってどんなことを話せばいいかわかりません。

臨時総会で話し合われた議題に関する総評的な内容を交えて総括するかたちで挨拶しなければならないでしょう。


スポンサードリンク

PTA会長挨拶 発表会

発表会などでのPTA会長挨拶はどんな流れで話せばいいか迷いますよね。
発表会の場合、頑張っている子供をその保護者が観ていたという状況ですよね。
この状況でいきなり保護者向けの挨拶にする訳にもいきません。
まずは子供側に話しかける感じで話すのがいいでしょう。
子供に話すのは質問系が話しはじめやすいと思われます。
「今日はみんな頑張ったね。疲れたかな?」みたいな感じで。
発表会なので緊張した子もいるでしょうからばの雰囲気から判断して「緊張した?」的な質問に変えてもいいでしょう。
そのあとに見せてくれた劇やら歌やらについてお礼を述べましょう。
お礼を言われて嫌な気分になる子はいないと思います。
その言葉を聞いて気分を害する保護者もいないと思います。
「うんうん」と頷きながら聞いてくれる保護者の方もいることでしょう。
その後、保護者の方へここまで頑張ってきた経緯を話し、家に帰ったらお子さんを褒めてあげて下さい的な話しをするとよいでしょう。
定番の流れですが定番でも「お子さんを褒めてあげて下さい」という言葉は日頃忘れかけていた「子供をちゃんと褒める」を思い出すことができ重要なキーワードとなるものです。

PTA会長の挨拶を楽しみにしている人は多くありません。
疲れているでしょうから適当なところで切り上げるのが懸命です。
無難な挨拶、PTA会長の挨拶に求められているものはそんなものです。

スポンサードリンク

PTA 講演会 挨拶

学校の行事はいろいろなものがありますよね。
PTA主催の講演会などでも挨拶はあります。

講演会と一言でいっても実に様々な講演会が開催されるので挨拶もその講演会の内容に沿ったものであるのがよいですよね。

ポイントとしては講演会に参加してくれた人へのお礼を述べましょう。
最初にその日の天候について入れましょう。
雨の日ならば「お足元の悪い中」、暑い日ならば「お暑い中」、何もなければ「お忙しい中」など。
講演者のプロフィールと本日の講演内容を簡単に紹介しましょう。
今回の講演会が誰がそんな趣旨で企画したのかを簡単に説明するとよいでしょう。
今後の講演会への協力や意見を求める内容の言葉も入れるといいでしょう。

PTAの挨拶はだいたい必要な項目が決まっています。
毎回同じような内容になるのは構いません。
参加者がどこまで挨拶を聞いているかわかりませんからね。
挨拶が長ければ「話しが長い」とウザたがれるだけ。

PTA講演会の挨拶を「聞きたい」と思っている人はたぶんいません。
なるべく短い挨拶に限ります。
プログラムについてや注意事項などは司会進行者に任せるようにしましょう。

本当は挨拶の内容なんてどうでもいいんです。
無難にこなすのが一番。
挨拶で目立とうと無理をすると角が立つだけですよ。

スポンサードリンク

タグ:講演会 挨拶 PTA